無料ブログはココログ

2018年6月19日 (火)

ピッカピカ。

いつものコンビニの兄ちゃんに、今晩はサッカーWC日本戦だから暇ですよって言われた。

Pikaほう、そんなこと…スポーツ観戦とかまったく興味のないワシには斬新な切り口!天気予報は下り坂の火曜日の晩に予約もないし、たぶん暇だろうと予測はしていましたが、やっぱりお客さんは来ません。コンビニの仕入れ量とかは、そういうデータも参照しているんだろうか?これからは店長らしきあのお兄ちゃんの意見を聞いてみよ。それにしても、そんなにみんなサッカーとか観るんかなぁ?街中も静まり返っている。掃除も飽きてきたので、今晩も早く切り上げてワシが飲みに行ったろか?

っていうか、売り上げもないんでお金はあるんか?って感じ、まあ明日も雨で釣りには行けやんでええか。世間では夏のボーナスも出揃う頃?羨ましい、そろそろ盛り上がってもらわんとなぁ。

2018年6月11日 (月)

たまには早や閉め。

悩ましい空模様が続いています、蝸牛屋の商売的にも雨降りは出足が悪いように思う。

Finoそんな暇な晩に来てくれた先輩の誘いで、占いBARなるところに連れていってもらった。へぇ~、こんな日の22:30にけっこうなお客さんが…しかもほぼ女性客。パイセンがキープしているらしいSUNTORYザキヤマをグビグビいただいていると、ワシに占いの番が廻ってきた。面白半分に先行きを聞いてみると、55歳にしてやっと花が咲くらしい、あと二年持つんやろか?って感じなんですが…まあもうちょっと頑張れってことか。ワシにとって誰かと飲みに出るなんて年に数回、しかもこんないいお酒をご馳走になってかたじけない。

毎日〃店に籠っていると世の中の事情がわからなくなっている、いまだに昭和感覚の強いオッサンではアカンなぁ。先日お洒落なお客さんの服の値段を聞いて、普通にそんなん着ている人もおるんやってちょっとショック!

2018年6月 5日 (火)

シンプルな旬の味。

魅力のあるメニューは何か…?きるだけ高級食材や珍しい物をって考えがち。

Corn2確かに蝸牛屋の価格帯は安くはないので、それに見合った物以上を提供しなければいけません。しかし自分が年をとってくるにしたがって、そういった物に魅力を感じなくなってきているというか、見飽きてしまっているのかも。若い頃、東京の有名なレストランを巡ると、塩で揉んだだけのナスにオリーヴ油とチーズだけの前菜とか、コースの途中に茹でたてのジャガイモに塩とバターが添えられて出てきたり…あの頃は拍子抜けした記憶があるけど、今思えば凝った物ばかり連発されるよりも気が利いていたのかもしれない。

こんなもの家でも食べれるわ!なんて思うなかれ、なんら普通の食材で在り来たりの料理でも、実際に買いに行ってやってみるとけっこうな手間がかかる。冷凍の物とかはいつでもあるけど、旬な味が食べられるって嬉しい。

2018年5月28日 (月)

一人でできるだけでも。

先週末はバイト娘が休みたいと言うので、ワシが一人で営業しなければならない状態。

Tekka予約も入っていなかったので暇であろうという予測でしたが、どうなることかまあ心細いこと。バイトくらいもっと雇っておけばええやんか?と思われるかもしれませんが、それがなかなか難しいご時世。まず募集をしても反応がないし、時給もグングン上がっているので余裕を持った人数までは確保できない状況、そんな悩みは蝸牛屋ばかりではないと思う。こんな時だけ手伝ってくれる人がおればええのに…そうやB社長!電話してみると、案の定なにやらブツブツ言ってやがる。

まあ難なくBの出番もなく過ぎていきました…前の店みたいにカウンターだけなら人を雇わなくてもできそうですが、どっちにしても弱小な喰い物屋って収支のバランスは上手くいかんような気がする。

2018年5月19日 (土)

海の藻くず?

暑い時期になると酢の物などサッパリしていいです、洋風に言うとマリネ(mariné)か。

Sanbai酸っぱいものが嫌いだという人もいますが、酢はなくてはならない調味料の一つ、蝸牛屋でも数種類の酢を常備して多用しています。魚屋で沖縄の生モズクなる物を発見、どうやって食べるのか?まあこんな物は蝸牛屋のメニューにはなりませんが…一般的には三杯酢ってか?ワシャもう30年以上も料理の仕事をしているけど、意外にこんな普段食べている基本的な家庭料理は作ったことがない物が多いかも。酢にはパワーがあります、シンプルながら素材や好みに合わせた個性が出る奥の深い世界ですね。

もうすでに忙しい日の厨房は汗だくでイヤ~な感じ、暑い夏が来ると思うとウンザリです。身体に良さそうなモズクをズルズルすすって頑張ろか、なぜか痩せやんから不思議なんですが。

2018年5月 6日 (日)

新規開拓。

今まで手を出さなかった南米系…何気に買って飲んでみると意外にイケるじゃないか?

Terrunoそれなりの値が付いているけど気に留まったのが白のコレ、"Mi Terruno Uvas Torrontes"ミ・テルーニョというのは生産者名(ブランド)、トロンテスというウヴァス(ブドウ)を使ってますというラベル表記らしいです。この品種はヨーロッパには無いアルゼンチン辺りの土着品種と。味が濃いというのか厚いというのか?トロ~ンとした感じ、パワーの強さも感じます。南米系はこんなのが多いけど、これはかなり複雑な風味が重なり合っているように思います。

ネット評価では甘いと書いている人もいるけど、ワシの口がおかしいのか?甘くはないし…"辛口"と言ってしまうのも違うような気がするけど。味を伝えるのは難しいなぁ、体験してもらうしかないな。

2018年4月25日 (水)

GWの予定はいかが?

今週末からゴールデンウイーク、蝸牛屋は通常通りの営業、2日(水)は休業予定です。

Kawa18とりあえず今年は、3日(木)に20名ほどのパーティーのご予約をいただいておりまして、賑やかな営業になるでしょう。他はまあ暇であろうというのが例年ですが、なぜか集中する日があったりもして予測不能です。材料の調達加減も難しく、家族でお食事をという場合はコース料理などをご予約いただくほうが、確実に良い結果になると思います。たまにはオッサンとこでワインでも飲んだろかって感じなら、フラッとやってきていただいて問題ないです。

ワシはこの時期は税金やら支払いが重なって辛いので、休んだところで何もできません、いつもの自転車操業ってヤツです。天気も良さそうな予報、楽しい連休を…。

2018年4月17日 (火)

付けるな・増やすな・やっつけろ。

美味そうな真鱈が安く売っていたので、フライにして食べたいなぁって買ってみた。

Ani切り分けようとすると、久しぶりに出没しやがったな…まだ生きた寄生虫。こんな北の魚に多いような気がするが、地元のボラの卵巣にもおったこともある。しかもこれがアニサキスやと思っていましたが、調べてみると赤いのはシュードテラノーバという虫で、アニさんと同様の悪さをするらしい。まあコイツらは目視で確認できるし、増殖することもなく、毒があるわけでもなく、加熱や冷凍で殺してしまえば害はないとのことなので良心的な悪者?かも。

これから気温が上昇する時期、油断するな!っていう警鐘かもしれませんね。生っぽいものはハイリスク、かといってスカスカになるまで焼くのもなぁ…より一層の注意で挑みます。

2018年4月 9日 (月)

ワシが作るより旨い!

ネットで見つけて気になっていた美味そうなソーセージ、試しに仕入れてみました。

Salsi2サルシッチャ(伊・salsiccia)は腸詰めされた加工肉の総称らしいのですが、粗挽きの生肉を味付けして詰め込んだ物に名付けられています。これは宮城で育てられている島豚KAZUGOROと、種子島の島安納クロガネという希少な黒豚を50%ずつブレンドした国産品とのこと。若い頃はこんのも自分で作ろう!って挑戦したものですが、材料を揃えて手間をかける割に、専用の器具とかが無いと上手くできなかったりするんです。最近ではこんなコダワリの材料を使って、手作りに近い加工品が多く出回るようになってきました。

以前に輸入品は食べたことがあるけど、これは塩分とか確実に日本人仕様に作ってあります。完成度が高いのでマスタードもいらないくらい。1本が100gもあるのでメインにもなるな。

2018年4月 5日 (木)

昔よく食べた味。

今は宅地化されているけど、ワシが子供の頃はちょっとした里山がそこらにあった。

Warabi2ちょっと踏み入れればタケノコにワラビやゼンマイなんて普通に生えていて、本当はダメなのかもしれないけど、時期になると誰かが採ってきて、毎日のように煮た物が食卓に置いてあった。嫌いな味ではなかったけど、流しのタライの中にドッサリ浸っていると、またかよ…って感じ、弁当にまで入っていた。最近は採れないし食べなくなった、旬の山菜なんて高級な和食屋さんにでも行かないと出てこないんじゃないか?そんな話をしていたらバイト娘のジイさんが採ってきてくれた。

自分で調理したことはないのでやってみよう!家のは油揚げの代わり?に天カスが入っていたなぁ。よく弁当からこんな汁が漏れ出して、スポーツバッグの中身が臭くなったもんだ。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー