無料ブログはココログ

« 2021年3月 | トップページ | 2021年5月 »

2021年4月30日 (金)

5月11日まで自粛気味。

ゴールデンウイークというのに、またもや三重県より時短営業要請が出ており、夜8時には閉店しなくてはなりません。最近の感染状況を見ていると今まで以上に怖さを感じるので致し方ないけど、蝸牛屋の営業体制には厳しい状態、まあヤル気が出やんというのも正直なところ。

Kasiwamoti こんな暇なワシとは裏腹に、同級生の菓子屋は柏餅やチマキ作りに大忙し!書き入れ時やそうな、なんやったらバイトしょうか?いらん?あ、そう。さあどうするか…店を開けても大手を振って食べに来てくださいと言える状況ではないし、段取りや時間的な面からもコース料理みたいなきちんとした食事をご用意するのは無理かも、8時までではねぇ…中途半端になるのもアカンし。テイクアウトとか昼間やれば…?なんて安易に言われても、果たしてそれで商売が成り立つのかは疑問、まあ、どうしようもありまへんなって感じ。けっこう休んでいる店もあるみたいですが、ワシは休んでも何をすればよいかわからないので、店で留守番がてら掃除したりしてダラ~っと過ごしています。

Colk そういえば去年も今頃はこんな感じでしたね、こんな状態をご理解いただけるのなら、ちょっと早い時間からでも店を開けます。必ずお電話確認してから来てくださいね、静か~に飲みましょう!料理はあるものでご勘弁を…8時までね。

2021年4月12日 (月)

ドーナツ。

現アピタの場所が松坂屋やったころ、それに併設されたテナント街にカフェ・デュ・モンドというワシみたいなのが一人で入ると浮いてしまう、屋内やけどオープンテラス式の小洒落た店があった。店名と言い、ベニエ(仏・Beignet=油で揚げた生地)や、チコリの根をコーヒーにブレンドしたりするスタイルと言い、てっきりフレンチ系かと思いきや、米・ニューオリンズ発のチェーン店やったらしい。

Beignet その界隈にはたくさん知り合いがいるので目撃されやしないか?別に悪いことしているわけではないのだが(今でも近くのスタバで一人コーヒーを飲むのは勇気がいる)警戒しながら飲んだコーヒーとベニエは美味しかった。店奥にはガラス張りの作業場が併設されていて、可愛らしいお姉ちゃん達が粉にまみれて生地を伸ばして揚げていた…当時ワシも若かったので、どの娘か一人なんとかならんもんか?なんて目線で眺めていたことが懐かしく、また食べたいと思っても今はもう日本にはその店は無いらしい。しかし、そのベニエを再現したレシピがネット上にあったので作ってみた、なんかちょっと違うような気もするけど、クリームとかトッピングは不要、こんなシンプルなお菓子は最強に美味しい!Mr.ドーナツが出現するまではドーナツなんて駄菓子みたいな物でしたが、喰い物もいろいろ多様化・複雑化しすぎると、本来の趣旨が薄れてしまうような気がするのは年とったせいかなぁ。

Dsc_0059 小学生のころ、下校途中に同級生女子の家があって、そこのお母さんにちょっとおいで~って呼び止められると、手作りの揚げたてのリングドーナツを手渡してくれた。その味は世の中にこんな美味いもんがあるんか!ってくらいやった。50年ほど経った今も散歩でその道を通るとそのことを思い出すけど、何年か前に空き家になって売りに出てた、今は違う苗字の家に建て替わっている。

2021年4月 6日 (火)

あっという間だねぇ~。

この春から新生活や新体制が始まった方も多いんでしょうね、桜も儚く散ると現実が始まるような…期待やウキウキする気持ちと、不安や心配が入り混じる季節。まあワシはいつもと何ら変化がないんですが、それでもなぜだかそんな切ない感覚を覚えます。

2103302 なにか新しいこと始めたいって気はあるのですが、ドップリ漬かったこんな生活を変えるのは至難の業、せめてどこか知らない街へでも旅に出ようかなんて考えているのですが…そんなこんなしているうちに暑い夏になったかと思えば、ウダウダと一年が終わっていくのがいつものパターン。こないだ会社勤めの同級生達が来てくれて話しを聴いていると、定年後は…って?そうか、みんなもう4年足らずで60歳なんやね!そして退職金って…そんなに貰えるんや~って会社の仕組みに驚きを隠せないワシ。お前は定年無いでええやないかって?ワシかていつまで働けるかわからんし、貯えなんてあるわけないし、店やめる時は借金作ってドロンかもわからん。好き勝手なことやってきたけど、精いっぱい頑張って働いたつもりなんやけどなぁ。まあ、料理人で立派な人生を過ごす人もたくさんいるしなぁ…反省してもいまさら取り返しはつかんので、なるようになるしかないけど。気を取り直して、この先ちょっとでも楽しい人生が送れるように考えやな。

Kant01 去年の今頃は蝸牛屋もついにコロナで終わりか?って感じだったけど、一向に解決への具体策はないまま一年を過ぎ、いろいろと支援をいただいているおかげで、まだ何とか生存してます。あとはワクチン頼みか?早くなんとかなるといいんですが…騒いでいるのは人間だけだよって言わんばかりに、春の食材はいつものように出揃ってきていますよ。

« 2021年3月 | トップページ | 2021年5月 »