無料ブログはココログ

« 2019年4月 | トップページ | 2019年6月 »

2019年5月30日 (木)

孤独のシャブシャブ。

昨日の休日の昼飯、その日はなぜか朝から冷やし中華を食べたので麺類は嫌だ!なんとなく和風な定食みたいなものが食べたい気分…しかし時間はもう15時過ぎ。

Suzu もうそんなお店は準備中か?譲っても天丼とか和風な御飯物となるとチェーン店のうどん屋?そんなことを思いながら車で走っていると、この店はなに…しゃぶしゃぶ屋?とりあえず車を停めてスマホで検索してみると、やった~っ!あるぞ定食。いざ潜入、お店の人のオススメはシャブシャブ食べ放題やと!お一人でもどうぞって…なにぃ、ホントに何回お代わりしてもええの?よっしゃ、こんなの初めてなので何事も経験だ!次々といろいろ装備された、値段からしても肉質には期待しなかったけど、思わぬ昼の御馳走感は十分あった、ワシはそんなに喰えやんけど、食べ盛りの若い衆が来たらどうなるんやろ?消費者としては嬉しいけど、これで利益を出す仕組みがイマイチわからん、大手企業には太刀打ちできやんなぁ。

飲食店って、ラーメン屋とかウナギ屋とか具体的な店の売り物が銘打ってあれば別ですが、和食とか洋食とかだけでは不明な点が多い、蝸牛屋なんてまさにその類。初めてのお店、とりあえず価格帯は心配ですが、あまり事前情報を知りすぎると期待や想像を超える何かが少なくなる気がする。

2019年5月20日 (月)

シャンベルタン。

安くて美味しいワインを探すのもワシの使命、ネットショップや近くの酒屋などで入手できるワインを飲んでみる日々なのですが…。

Chambertin2 こういうの飲ませてもらうと、理想となる味わいが明確になってきます!たまには上級な物を飲んで味覚を鍛えないと。こんなワインは滅多に飲めるもんじゃありませんが、それぞれの産地や品種の頂点となるスタイルを知っておくことは大切。蝸牛屋で売れ筋のワインにその味を求めるのは無理ですが、値段と品質を照らし合わせながら、当たって砕けろ体制でひたすら飲んでいます。醸造技術が進化してお値打ちで美味しいワインが増えている反面、平均化してしまっているような気もします。お好みは人それぞれ、このワイン美味しい!って思っていただけるように、的確にオススメできた時は嬉しいです。

ワインに限らず料理も一緒、高級食材はお金を出せば入手できるけど、それをどう調理するか?技術は経験しなけりゃわかりません。若いころは一人で東京とか気になるお店へ出向いたものですが…最近ミシュランガイドの東海版が出版されて話題です、久しぶりに星を獲得するような高級店へも食べに行ってみたいなぁ。

2019年5月 7日 (火)

次は夏休み?

GWも終わりました、蝸牛屋はいつものように営業で予想より忙しかったような?っていうか、ドカッと集中する日が2回あっただけですが…

Kii もうちょっとバラけてご来店いただけたらなぁっていうのは、こっちの勝手な希望であり、できる限りの対応をしたつもりですが、至らぬ部分は反省しております。ゆっくり話せなかったけど、久しぶりな顔ぶれにもご来店いただけて嬉しかったです。あまりにも3月4月が暇だったからか、ちょっと上向き感があるのは令和への改元景気みたいなものかも?さあまた連休明けは暇っぽいぞ…5月病にならんように、しっかり食べてワインでも飲んで気持ちを晴らしに来てくださいね。

アンタは休まんの?ってよく訊かれますが、前から言うように自転車操業は漕ぐのやめたらコケるんです!そんなに休んでも何したらええのかわからんし、とりあえず一日ゆっくり海へ魚釣りくらい行きたいなぁ。

2019年5月 2日 (木)

令和はどんな?

ゴールデンウィーク中ってことも相まってか、ちょっとしたお祭り騒ぎで令和は始まりましたね。

Cn  まるで二度目のお正月みたいです、こんな状況も日本は平和で豊かな証なんでしょう、より良い時代になることに期待します。平成の30年余りで飲食業界も随分と変わりました、多種多様化なようで均一化なようでもあり?こうやって自由に情報を発信できるようになった反面、好き勝手に評価されたり、最近ではインスタ映えまで考えやなアカンとか…これから先どうなっていくのか?便利で快適になっていく半面、世知辛く歪んだ部分も生じています、表があれば裏もあるんだなぁ。まあ昭和生まれのオッサンがやる蝸牛屋は、もうこれ以上の進化しようとする気力もないので、これからの若い人達に頑張ってもらいましょう。

Karayosi 今さらカラアゲってどう?と思って入ってみたお店、揚げたてやし味は普通かな?でもそんな安いとも思わんけど、実際これで食欲は満たされてしまうワシ。企業チェーンとかは上手く隙間を狙ってくるねぇ…ますます個人経営のお店は難しい時代になりそう。

« 2019年4月 | トップページ | 2019年6月 »