無料ブログはココログ

« 2018年8月 | トップページ | 2018年10月 »

2018年9月24日 (月)

静かに飲ませて。

今時はよく似たワインがいっぱい、その中から秀逸な物を選ぶのは雲を掴むようなもの。

912とにかく飲んでみなければ…先日は業者の試飲会に出向いてみました、やはり有名処は価格が高騰しているので、出品されているものはワシの知らない低~中価格帯がほとんど。他を否定するわけではないけど、とりあえずヨーロッパ系に絞り飲ませてもらう…値段と照らし合わせてどれも悪くはないが、飲んでいる横で喋りかけてきたり、説明書きの文章には、相変わらずマヤカシみたいなカタカナ語が多い。あるオニイチャンが〝ボタニカルな風味"なんて言った、気になって調べたら、植物素材とか植物由来の…という意味らしい。そんならワインはブドウやからみんなボタニカルちゃうんかい?ただでさえ名前がややこしいのに、こういうのが不可解に思われる要因の一つじゃないのか!

酔いは回ってくるし、他の人の様子が気になったりで、途中からは無料ワイン立ち飲み場と化していくワシ。何人か若い人達は真剣に担当の人の話を聞きながら次々と進んでいる、君たち偉いなぁ、どこのお店の人やろ?

2018年9月17日 (月)

秋は悩ましい。

九月も半ばを過ぎて秋らしくなってきました、三連休とか続くと商売の動向が予測不能。

Sinmi昨日は家族連れのお客さんがバタバタっとご来店いただけたかと思えば、今日は誰も来ません。食材業者も連休にするところが多いので、ウカっとしていると注文し損ねたりして…だいたいからしてワシは優柔不断で計画性に欠ける、目先のメニューも考えが定まらん。肉一つ買うにもアアでもないコウでもないって時間が過ぎる、それで結局コレかよ!って無難な線に収まってしまうのですが。料理を仕上げていくのは肉体労働、献立や趣向を考える精神的疲労の方が辛いかも?もうクリスマスだ、お節料理だって言っているお店もある、ワシにはそんなの無理や!

昔から餃子だけで成り立っている店もあるよねぇ、そこまで極端じゃなくても、いつも同じメニューで流行っているお店もたくさんある。うちは蝸牛屋なのでエスカルゴとワインしかありませんって言ってみたい。

2018年9月 4日 (火)

有名ブランド物。

ドンペリ入りま~す♪そんな景気のいい掛け声、どこかで、なにかで聞いたことあるのでは?

Dom誰しも名前くらいは知っている、たぶん日本ではいちばん有名なシャンパンでしょう。正式にはモエ&シャンドン(Moët&Chandon)というメーカーの高級仕込み品、ドン・ペリニョン(Dom Pérignon)というプレステージ物。トヨタ自動車が高級車をレクサスというブランドで販売しているような?そんな感じなので、さらにドンペリでも熟成年数とかの違いから数種の商品が存在し、価格がグッと違うのでヤヤコしい。ラベルの色相からピンク…ブラックもしくはプラチナ…ゴールド…なんて呼び、さらに赤や緑の企画物や、桁違いの価格の長熟限定物も登場しています。そのほとんどが高級クラブなんかで飲まれているんじゃないか?ってくらいで、残念ながら蝸牛屋で売れることは希です。

こんな高い酒はお勧めしませんが、普通のドンペリならちょっと奮発すれば飲めなくはない価格です。美味いのかって?そりゃ飲んでもらわなわかりまへん、しょせん酔っ払って終わりかもしれませんが、きっと思い出は残るでしょう。

« 2018年8月 | トップページ | 2018年10月 »