無料ブログはココログ

« 2018年1月 | トップページ | 2018年3月 »

2018年2月25日 (日)

なごり煮込み。

そろそろ春の兆しって感じになってきました、2月はアッと言う間に終わっていくねぇ。

Hoho23この冬やり残したことないか?そういえば煮込み料理をあまりやっていない…年末にやろうと思って肉屋に聞いたけど、使いたい物が品不足だったり高すぎたり。そんなタイミングで和牛頬肉が出てきた!けして安くはないが年に一度くらいはやっておかないと、作り方を忘れてしまいそうなのでやっときましょうか。作るのに手間や時間はかかるけど、仕込んでおけば繁忙期の営業時には楽な料理、こんな暇な時期に売れるんやろか?って問題もあるのですが。

とりあえず上手にできたと思います、食べていただいた方には高評価なんですが、蝸牛屋ではなぜか人気の無いメニュー。ステーキはいつでもあるけど、こんなスポット物は逃すと滅多にありませんよ。

2018年2月20日 (火)

慣れたらヘッチャラ。

中学校時代の一つ上の先輩が来てくれる、まあこの年になればワシもみんなオッサン。

Senpaiこんな蝸牛屋みたいな店でも、俺らみたいなんが…なんて気を使ってくれているみたいですが、やっている本人は、そんなお洒落な店のつもりじゃないので、気軽にワインでも飲みにきてもらえたら嬉しいし、むしろそのほうが本望かも。最近流行りの店へ行ってみると、ワシにも解らんこといっぱい書いてあって、何をどう頼んだらいいのか…って、そういうのがオッサンはちょっと嫌い、気持ちはよくわかる。しかしまあ未知なことは慣れしかないんじゃないか?

何度か来てもらえばワシもだいたいの意向が推測できるようになるし、適当にツマミ出してくれって感じで先輩達も慣れてきた。ひとしきり飲んで喋って、二人は次なる夜の店に出陣らしい、まあ羨ましい…。

2018年2月 2日 (金)

たまにはこんな肉。

今シーズンは食べたいというお客さんがいなかったので、一度も使わなかったけど…

Chev日本のジビエ(仏・gibier)の狩猟期間は2月15日まで。ネットの肉屋さんを見ているとチルド蝦夷鹿、しかも今まで入手できなかったロース部、季節終盤の良いのがあるらしいので買ってみた。おぉ!キレイな赤身、安全証明まで付いている!まずは塩コショウだけで焼いてみる、ワインを合わせるならフレンチの濃厚なソースもいいけど、シンプル味付けで十分かも?若い頃、猟師さんのパーティーに呼んでもらった時も、普通に焼き肉のように食べてたし。

地元でも三重ジビエやなんのって、獣害対策で取り組んでいるみたいですが、なかなか普及しませんね。だいたいからして値段が高いし、売ろうという体制になってない。牛・豚・鶏があれば入る隙間もないか?

« 2018年1月 | トップページ | 2018年3月 »