無料ブログはココログ

« 2017年11月 | トップページ | 2018年1月 »

2017年12月29日 (金)

キャヴィアvsカラスミ

ようやく今年も残り僅かって感じ、道は混んでいるしスーパーとか人が多くて嫌だ。

Cavikaraクリスマスのキャヴィアが少し余ったので、今までワシが作ったカラスミの方が、下手なキャヴィアより美味しいと言い張ったことを検証してみよう。このキャヴィアは養殖ものですが、重さ換算でいくとカラスミの倍以上の価格。正直なところ、クリスマスに乗せていたスプーン一杯の量で\600ほどする、カラスミならば原価的には半値くらいだけど、ワシの技術や労力がかかっている。今のところ4名に食べさせてみると、断然カラスミに軍配!目隠しでもしてもっと大勢に試さないと好みとかもあると思うし。

魂の入ってない料理は喰いたくないと言う、普段まったく魂の入ってない仕事をしている、あるインチキグルメ評論家のコメント動画もあるのですが、これは見ると不快な気分になるので、自己責任で見てください。

2017年12月22日 (金)

今年も大詰め!

いよいよ今年もカウントダウン状態、そしてクリスマスは洋食屋系の最大イベント。

Cavipote年々それほど特別感は薄くなってきているように思うけど、普段は滅多に売れることのない価格設定のコースでもご予約を頂けるので、やはり特別な時期には間違いない。今年のメニューも手数が多い、お客さんはランダムにやってくるし、何か一つしくじるとハチャメチャになりそうだ!ワシは高級食材を使って年に一度の腕試し、お客さんもクリスマス気分を楽しんでいただければ幸い、しっかり準備をして上手くいくことを祈ろう。

キャヴィアをどう出すか?いろいろ考えた結果、サワークリームで和えたポテトサラダに添えてみました。たぶんこの辺りでは、いちばんゴージャスなポテサラだと思います。

2017年12月11日 (月)

冬のお楽しみ。

今年も牡蠣の季節到来、苦手な方もいますが、待ちかねるファンの多い食材です。

Ovenもう10月の半ば頃から他の産地は売り出されていますが、最近の一番のお気に入りの産地・生産者の物がやっと売り出されました。ワシは行ったことがないのでどんな所なのか想像がつきませんが、兵庫県赤穂市坂越から直送で来ます。ここの牡蠣は殻は小さいけど身がしっかり入っていて、加熱しても縮が少ない。実際に鳥羽とかの1.5倍ほどの外観の物と比較しても、中身はこっちのが大きいし!美味しくて、栄養も豊富で、ご馳走感もある、しかも高くない!こんな食材はなかなかありませんね。

そして毎年のこと、生食用ですが通常は加熱してお出ししております。どうしても生で喰いたい!という方は、体調とかも関係するみたいです、自己責任覚悟の上でどうぞ。

2017年12月 5日 (火)

29回目のクリスマス。

師走といえども気ばかり急かされて、毎年20日頃までは実感が湧いてきませんが…。

108_1ようやくクリスマスディナーのメニューも概ね決まってきました、ざっと計算で\6,500(税別)でいくと思います。これから材料の手配をして確認が取れ次第、ホームページにも公表していきます。今年はカラスミが量が出来なかったので、ちょっと高いけどキャヴィアを使おうか、トリュフはきちんと入荷するか?フォワグラとか使うと黒毛和牛は…もっと高額な設定ができればなんでも使えるのですが、蝸牛屋ですから、これぐらいの価格で目一杯考えています。

すでにご予約は承っております、18:00~21:00のご都合のよい時間でかまいません。そして今年は21:00~ワインバータイムも営業します、こちらはディナーの状況によりますので、当日のお電話確認とさせていただきます。

« 2017年11月 | トップページ | 2018年1月 »