無料ブログはココログ

« 有望株。 | トップページ | 新・扶養家族。 »

2016年6月20日 (月)

価格応談にて。

何かの拍子に思い出すのでしょう?過去にやっていた料理のリクエストもときどき。

Hakouniメニューには創業以来ず~っと続けてやっているものもあれば、アドリブ的にその場限りってのもある。時代と共にウケなくなったり、あまりにも労力がかかり過ぎたり、材料が高騰しすぎたり…作らなくなるのはそんなところか?先日ご予約の電話で、前に食べたことがある卵にウニが乗ったオードヴルが食べたい!と。確かに昔はウニも使える値段だったけど、今は普通にはちょっと無理です、どうしてもと仰るなら…。

この板一枚がなんでこんな値段やねん!これを否定するのは、蝸牛屋へ1回行くなら吉牛10回行ける…みたいな思考に近い?価値を見出せるかは人それぞれ、なんなりとご用命ください。

« 有望株。 | トップページ | 新・扶養家族。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 価格応談にて。:

« 有望株。 | トップページ | 新・扶養家族。 »