無料ブログはココログ

« 牛頬肉の煮込み。 | トップページ | 収穫。 »

2014年10月28日 (火)

インゲン=ササゲ?

岐阜・飛騨地方の伝統野菜、アキシマササゲ(秋縞ささげ)を買ってみました。

Akisima生の状態は、小振りのモロッコインゲンに黒い模様が付いているかのようで、見た感じなんだか芳しくない。茹でるときれいな緑になるというが…黒っぽいの残っとるし。そうだ!本か何かでインゲンは長く茹でると、また違った美味しさがあると読んだことがあるので、試しに10分ほど茹でてみた。よくある甘いゴマ和えみたいにして食べたい味、そういや子供のころ婆さんは普通のインゲンも"ササギ"と呼んでいたな。

昔のは茹でが足りない?と、噛んだ時にギュッって歯ギシリみたいな感じが嫌だった記憶があるが最近のはしないね。ちなみに、育成が早く一年に三度も収穫できるので、三度豆とも言うらしいです。

« 牛頬肉の煮込み。 | トップページ | 収穫。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: インゲン=ササゲ?:

« 牛頬肉の煮込み。 | トップページ | 収穫。 »