無料ブログはココログ

« 6月は後半戦! | トップページ | 景気付けにシュワッ・・・。 »

2010年6月18日 (金)

やっぱ骨付きでしょ!

讃岐うどんチェーンが四日市の飲食業界にも蔓延りだした、それに便乗してか?骨付き鶏なるものも出現の兆し。

Honetukidori食べてみるとなんのことはない、骨付きの鶏モモが焼いてあり名古屋の手羽先に似た胡椒辛い味付けが施してあるだけだ。私は硬いが味が濃く通が好むと言う"親鶏"を食べてみたが、カブリついて食べられるほど柔な肉質ではないのでハサミで切り刻んで食べた。もし、この食い物がここらの人達にも受け入れられるのなら、私がどう売ろうか考えている鶉(ウズラ)もいけるはずだ!小さな卵はおなじみですよね、でも肉は・・・?フレンチでは普通に使う食材ですが、たぶん食べたことのない方が大半でしょう?なのであえてフレンチっぽくせず、味付けもスパイシーな取っ付きやすい感じにしてみようかな・・・?

Uzuraこの鶉は長野のウズラ農園産、日本の品種より大きくなるフランスのものを輸入して繁殖させているらしい。見た目のインパクトほどなんてことない味です、解体して知らずに食べれば鶏と思うかも?まあ、話のネタに骨までシャブッてみてください。

« 6月は後半戦! | トップページ | 景気付けにシュワッ・・・。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: やっぱ骨付きでしょ!:

« 6月は後半戦! | トップページ | 景気付けにシュワッ・・・。 »