無料ブログはココログ

« 臭いやついかが? | トップページ | 津と言えば? »

2010年3月13日 (土)

噛み締めるほどに。

春の天気は安定しませんが、だんだんと暖かくなってきて最近お昼の営業が賑わいだしました。

Lump_2魚ばっかり売れる日とか、まるで今日はチキンの日か?と思うぐらいの時とか…なぜか偏ったりして今までどおりボヤッとしているとアレッ、材料が足りやへんがや…みたいなことになってしまいます。まあ一番売れないのは黒毛和牛ランプステーキ。値段が一番高いのもあるけど、まだまだこのメニューの値打ちをわかってもらえてないのかも。改めてこの"ランプ"という部位…背中のサーロインの後ろにある腰からお尻の部分。片側一塊が10Kgほどで、ばらすとイチボ・ラム芯・ランプという三つができます。イチボという部分はサーロインとほぼ同格、ラム芯はフィレに近い感じ、そしてランプは味の濃い赤身。それぞれにステーキには向かない硬い部分もあるのですが、それはそれで煮込んだり、ミンチにしたりと仕事のし甲斐があるお肉です。

なにもフィレやサーロインを否定する訳ではありません、ただ黒毛和牛となると価格的に扱えないんです。柔らかさ以外はそれらより上を行く"肉を食べた"という実感が沸くステーキ!大き目の一切れをグッっと噛んでみてください、酸味のような甘味のような言い表せない"これぞ旨み"が広がりますよ。

« 臭いやついかが? | トップページ | 津と言えば? »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 噛み締めるほどに。:

« 臭いやついかが? | トップページ | 津と言えば? »