無料ブログはココログ

2018年1月12日 (金)

魅せられる?

海の色に染まるギリシャのワイン♪と、桃色吐息という歌にあるのは知っていたが…

Mantiniaワシは今までギリシャのワインなど未知の領域。在庫調整か?セール価格になっているのを見つけて試しに買ってみると、ムムッこれは…仏・ローヌ辺りのヴィオニエ種のような華やかな香り、けっこう鋭い口当たりからのボリューム感、そして長引く余韻。知名度がないだけで、これは上質ワインの気配!もう1~2年の熟成を経ると角が取れて複雑味も増すのではないかって?そんなソムリエみたいなこと思いながらグビグビ飲んじゃいました。

エーゲ海ペロポンネソス半島のMantiniaと書いてマンディニアと発音するらしい産地です。ジュディ・オングとかも影響して、ロマンチックさを感じてワシは気に入りました、お値打ちなのでぜひ。

2018年1月 4日 (木)

また今年も…。

あけましておめでとうございます、今年も蝸牛屋をよろしくお願い申し上げます。

Kingaさて早くも新年四日目、今晩から営業を再開いたします!食材はある物でなんとかします、寒いけどワインでも飲んでギナギナ行きましょう。まだまだ世間は今度の三連休が終わるまでは、正月気分って感じになってきてますよね。ワシは正月の三日間でも何もしないでいると、年末とのギャップに不安になってくるのですが…なんとか年が越せただけでも幸せかな?店で掃除とか地味な作業しているのがいちばん落ち着きます。

テレビで観てた駅伝のように、中継地点とか、ゴールとかが設定されていないのがワシみたいな事業主、力尽きるまでって感じですかね?今年も相変わらずな一年が過ごせるように頑張ります。

2017年12月29日 (金)

キャヴィアvsカラスミ

ようやく今年も残り僅かって感じ、道は混んでいるしスーパーとか人が多くて嫌だ。

Cavikaraクリスマスのキャヴィアが少し余ったので、今までワシが作ったカラスミの方が、下手なキャヴィアより美味しいと言い張ったことを検証してみよう。このキャヴィアは養殖ものですが、重さ換算でいくとカラスミの倍以上の価格。正直なところ、クリスマスに乗せていたスプーン一杯の量で\600ほどする、カラスミならば原価的には半値くらいだけど、ワシの技術や労力がかかっている。今のところ4名に食べさせてみると、断然カラスミに軍配!目隠しでもしてもっと大勢に試さないと好みとかもあると思うし。

魂の入ってない料理は喰いたくないと言う、普段まったく魂の入ってない仕事をしている、あるインチキグルメ評論家のコメント動画もあるのですが、これは見ると不快な気分になるので、自己責任で見てください。

2017年12月22日 (金)

今年も大詰め!

いよいよ今年もカウントダウン状態、そしてクリスマスは洋食屋系の最大イベント。

Cavipote年々それほど特別感は薄くなってきているように思うけど、普段は滅多に売れることのない価格設定のコースでもご予約を頂けるので、やはり特別な時期には間違いない。今年のメニューも手数が多い、お客さんはランダムにやってくるし、何か一つしくじるとハチャメチャになりそうだ!ワシは高級食材を使って年に一度の腕試し、お客さんもクリスマス気分を楽しんでいただければ幸い、しっかり準備をして上手くいくことを祈ろう。

キャヴィアをどう出すか?いろいろ考えた結果、サワークリームで和えたポテトサラダに添えてみました。たぶんこの辺りでは、いちばんゴージャスなポテサラだと思います。

2017年12月11日 (月)

冬のお楽しみ。

今年も牡蠣の季節到来、苦手な方もいますが、待ちかねるファンの多い食材です。

Ovenもう10月の半ば頃から他の産地は売り出されていますが、最近の一番のお気に入りの産地・生産者の物がやっと売り出されました。ワシは行ったことがないのでどんな所なのか想像がつきませんが、兵庫県赤穂市坂越から直送で来ます。ここの牡蠣は殻は小さいけど身がしっかり入っていて、加熱しても縮が少ない。実際に鳥羽とかの1.5倍ほどの外観の物と比較しても、中身はこっちのが大きいし!美味しくて、栄養も豊富で、ご馳走感もある、しかも高くない!こんな食材はなかなかありませんね。

そして毎年のこと、生食用ですが通常は加熱してお出ししております。どうしても生で喰いたい!という方は、体調とかも関係するみたいです、自己責任覚悟の上でどうぞ。

2017年12月 5日 (火)

29回目のクリスマス。

師走といえども気ばかり急かされて、毎年20日頃までは実感が湧いてきませんが…。

108_1ようやくクリスマスディナーのメニューも概ね決まってきました、ざっと計算で\6,500(税別)でいくと思います。これから材料の手配をして確認が取れ次第、ホームページにも公表していきます。今年はカラスミが量が出来なかったので、ちょっと高いけどキャヴィアを使おうか、トリュフはきちんと入荷するか?フォワグラとか使うと黒毛和牛は…もっと高額な設定ができればなんでも使えるのですが、蝸牛屋ですから、これぐらいの価格で目一杯考えています。

すでにご予約は承っております、18:00~21:00のご都合のよい時間でかまいません。そして今年は21:00~ワインバータイムも営業します、こちらはディナーの状況によりますので、当日のお電話確認とさせていただきます。

2017年11月27日 (月)

取り残された感。

街中は忘年会シーズン突入で賑わっているみたいですね、蝸牛屋は静かですが…。

Illumiクリスマスディナーのお問い合わせもいただいているので、そろそろメニューも考えてはいるのですが、いつもながら優柔不断でなかなか決まってきません。思ったように食材が確保できるのか?って心配もありますし、だいたい私の考え方は物ありき(行き当たりばったりとも言う)なので先にイメージを考えるのが苦手なのかもしれません。目ぼしいものは何もかも値段が上がってきてますが、とりあえず価格は例年並みの\6,500~\7,000(税込)でいこうと思っています。

クリスマスソングとかイルミネーションとか、華やいでくると辛い気持ちになるワシは病でしょうか?とくに光が涙みたいに落ちるヤツは、居ても立ってもいられなくなるような悲しみを感じるなぁ。

2017年11月25日 (土)

お疲れさん。

飲んで~飲みつぶれて眠るまで飲んで~やがて男は静かに眠るの~でしょう…♪

Ky_2遅がけにワインを飲みにやって来てくれるのは、自営業が終わってからの人達が多い。私もその一人なので、そう上手くいくことばかりではないことはわかっている、人手不足、売り上げ減少、これからの展望…山積みの課題は自分で解決しなければならない。そんな話も交えながらストレスを酒にぶつける、そして明日もまた自ら働くのだ!週休二日なんかじゃない、8時間以上勤務あたりまえ、有給休暇なんてあり得やんし。

周りからは気楽そうに見えるかもしれないけど、心身共にタフじゃないとできない事、なんだかんだボヤキながらもヤルしかない、せめて楽しくお酒が飲めるように…。

2017年11月18日 (土)

B社長友の会。

毎度おなじみB社長とボージョレ・ヌーヴォーの会、今年は少人数ですが開催しました!

B昨年はやらなかったので、どうやらB社長はウズウズしていたようで、いつものネタを披露。初めて見る人は何が始まったのやら?びっくりドン引き状態ですが、ワシらにはもうBGM的なもの、何か新ネタはないのか?まあ幸せな人やな。そしてエラっそうに安いヌーヴォーは、こんなんワインじゃないとぬかしやがる、さすが社長!それでお勘定は俺に任せとけっていうのならカッコええけどなぁ。まあ今年の出来は?とか、味が云々とかはそこそこにして、新酒ができたよ~ってお祭りみたいなもの、こんな感じでワイワイ飲むと美味しくて楽しい。

今年も一つ一つこんな定例行事が終わっていきますね、あとは忘年会にクリスマスか…気忙しくなってくるなぁ、老体に鞭打って頑張ろ。

2017年11月10日 (金)

天然物!

これはもしや…?また懐かしい物が家の食卓に置いてある、まだほんのり温かいし。

Itouきっと若い頃に働いていた店の近くにあった、爺さんが一人で一枚ずつパタパタと焼いてくれたヤツだと思うけど…これどうしたん?と母親に尋ねると、父親が自転車で病院へ行った帰りに買ってきたんとちがうか?とのこと、えぇぇ~あのヨボヨボの父親があんな所まで行けるんかいな?いなかったので確認できず。あっ、包装紙!あそこのやったらイチゴの模様やったはず!ゴミ箱を見ると茶色い袋…変わった?こんな鯛焼き無いはずや。20年近く前に食べたくなって買いに行った時には、その爺さんは亡くなったとのこと、女性が焼いていた。

ネットで検索してみるとまだ存在しているどころか、メディア等に取り上げられて繁盛している様子。そやけど100個焼いても\15,000かよ…こんな伝統工芸品は一匹\500くらいの値打ちがある味です。

«法で葬られた料理。