無料ブログはココログ

2020年5月15日 (金)

商売はまだまだ緊急事態?

季節は早くも夏の兆し、扉を開けて換気よく…って今の時期は気持ちいいけど、これから真夏はどないする?ソーシャル・ディスタンスは…そんなにお客さん来やへんで~ってな感じ。もう一ヶ月以上、ず~っとワシ一人で店を開けているけど、それで十分廻っていくお客さんの数というか、ほぼ常連さん状態。

20515 そろそろ先を見据えて考えなけりゃいけませんが、後の飲食店のあり方みたいなものが、どう変わるのか予測が難しいし、とりあえず今までと同じようにやってます。できるだけ良い素材を使ってシンプルに調理する、できるだけ経費は抑えてお値打ちに提供する…ず~っとそうしてきたつもりで、お客さんはそれを気に入ってご来店いただいて、今まで続けられたのですから。しかし、これからは多人数の宴会とかイベント的な集いも少なくなるでしょうから、従来の売上げを確保するのは難しそうというか、今までもそんなに余裕のあるわけじゃなかったし、ボチボチやる感じがワシの理想やったんですが。世の中が変わるのなら、蝸牛屋も何かを変えなければいけないでしょうね、できれば元のように戻ることを希望しています…。

Filet515 今はまだ東京とか大都市が止まっているので、魅力的な高級食材が安く手に入るチャンス?そんな情報を見ていると買いたくてウズウズするけど、まずは売る手段を考えないと。とりあえず入手した黒毛和牛のフィレ肉、しかも通常ならば買える値段じゃないA5ランク!美味しく食べて飲んで満足して帰っていただく、この基本は変わらんでしょう!

2020年5月 7日 (木)

集わず・喋らず・さっさと食べろってさ。

三重県は営業自粛要請が緩和されて、飲食店の営業時間制限が解除されました。ワインバ―に於いても接待を伴わないものに関しては自粛制限外と記されているので、蝸牛屋は概ね通常営業には戻れるということでしょう。

 58 しかしながら、感染予防策(リンク先9ページ)を徹底した上で…という条件付き、これを順守すると以前のような楽しい食事や飲み会などはできませんよねぇ~、写真のような光景は幻になるかも。営業を再開するものの、普通にお客さんが戻ってきてくれるとは到底思えません。なので、しばらくは自粛期間同様に仕入れや仕込みも最低限でしか準備できないと思います、できる限りっていうスタンスでやりますので、あらかじめご容赦ください。世の中が変わるのは確実!?以前のような蝸牛屋に戻れるのか、はたまたスタイルを変貌させるべきなのか?他店もいろいろ知恵を絞ってくると思います、様子を見つつリハビリ&順応期間って感じですか?ダラダラ~っと過ごしたおかげで体や感覚も鈍ってるしねぇ。

Sunny204 クラスターにオーバーシュートやソーシャル・ディスタンス…なんでそんな意味わからんカタカナ使うねん!って思っていたけど、最近言われ始めた「新しい生活様式」ってのもなんだか違和感。ニューライフスタイルくらいの英語ならワシにもわかるぞ~。しかしまぁ、そんな世の中で成り立っていくんやろか?

2020年4月20日 (月)

ゴールデンタイム閉店。

ついに三重県からも営業自粛要請が出た、他県と同様、飲食業は営業してもよいが夜の8時には閉店するように要請!なぜ昼間は良いけど夜はダメってイマイチよくわかりませんが、文面を読む限り、蝸牛屋も感染症拡大阻止協力金がもらえる対象なので従わない手はない。

Proma 期間は5月6日まで…昼間に営業するっていう手もあるが、もともとランチはお客さんが来なくなったからやめた分野、テイクアウトもなぁ…いろいろ考えますが、夜の営業開始をちょっと早めるか?この半月ほど様子を伺うくらいにしておいた方が賢明かも?どっちにしても大した稼ぎは得られない予測はつく。しかしまあ、家でジッとはしていられないワシの性質、日ごろのルーティンを体が覚えてしまっているし、店に出てきてゴチョゴチョなにかしているのがいちばん落ち着く。魚や肉は小分けして冷凍保存で凌ぎます、いつものような野菜やオードヴル類、仕込んでおかなければならないスープやデザートもロスが辛いので少量しか準備できません。営業していても、当面はできる限りの対応でお許しください。

Reitou ついつい今日も食材探しに出向いてしまった…おっ、ええアスパラ売っとる!琵琶湖の小アユも出てきたなぁ、みんなワシに買って欲しそうな顔しとる。あれをこうしてって…いつものように考えてながら、あっ、買えやんのやっって気付くと涙が出そう。

2020年4月13日 (月)

留守番営業。

世の中は緊急事態そして予想通りお客さんは来ない、蝸牛屋のような店は不要不急の対象だといえば否めない、じゃあどうすればいいのか答えはわからない、たった一つ確かなことは誰も悪くない…(ヒゲダン的な言い回しで書いてみた)今日は夕方のアピタや近鉄も人は疎ら…

Apita_20200413232901 今のところワシ一人で店を開けていますが、食材や仕込みとか、ロスを考えるといつものようには準備できなくなっています、ご来店いただけるのなら少人数でもお電話にてご一報いただくとありがたいです!30年前に開業して以来、バブル崩壊やリーマンショック、そして松坂屋の撤退など、いろんな危機があったけど、なんとか打つ手があったし、ワシもまだ若かったし…こんな外出を控えろとか、人が集うなってことは初めてですよね、これはどうしようもない!ワシらみたいな賃貸物件で商売している人、増してや従業員を雇っていたりしたら、それらを維持するお金が一番の問題!無利子でいくらかは貸してもらえるらしいけど、それでいつまで持つのか?返していけるのか?ワシくらいの年齢になると考えただけで気が引ける。

Mac 最近テイクアウト始めました…ってチラシをよく見かける、それでどれほど稼げるのかは不明だけど、みんな頑張ってるなぁ!ワシは昼間にバイトにいこか?マックで見かけた宅配バイクに乗ってみたいし、雇ってもらえたなら確実にいくらかは稼げるし…事態が早く収束することを願うのみか…。

2020年3月31日 (火)

ラーメン食べたい。

早くも3月も末…自分の店のことは考えると気が滅入るので、とりあえず暇なのはコロナのせいや!ってことにしといて、何か美味しいものを食べることでも考えよう。商売柄か?蝸牛屋以外のオススメの店をよく訊かれるし、お客さんからいろんな情報も訊くのですが、外食するのは昼飯が多く、しかも15時前後なので開いている店は限られているので大したものは食べに行ってないんだなぁ。

Nami そんなことで、よく話題に上るラーメンのワシの勝手な考察でも…もう10年以上前から食べると胃がモタれて後悔するラーメンがある、何がアカンのか?最初は濃い豚骨や脂コテコテのスープかと思っていたけど、最近原因は麺にあることに気付いてきた。それは九州のバリカタ系の麺、替え玉できます!って麺、仮にそれをよく茹でてもダメな場合が多い。九州系じゃなくても、そんな麺を使っている店も多いので初めて入る店は賭け気分。じゃあ、どんなのがいいのかというと、中華麺らしいプリッとした麺で、魚介系・節系のダシより鶏ガラ系のサラッとしたスープで、チャーシューとか具材はほどほど、まあ昔ながらの中華ソバって感じのが無難なのかも?辛いのも好きなんですが担々麺より台湾ラーメンがいいね。

Hama 流行りのラーメン店は、だいたいワシの塩分感覚より濃すぎる!たぶんそれが時流なんだろうけど?試しに浜木綿って中華店の浜木綿ラーメンを食べてみてほしい。さっぱりしてるけど薄いと感じさせない技がある。たぶん複数相乗効、なんのダシやろ?毎回考えながら食べるけど…見習いたい絶妙なバランス。※あくまでもワシの好みで勝手に書いていますので、悪しからずご容赦を。

2020年3月 2日 (月)

コロナの影響は…。

春やというのに世間はコロナ大騒動になっていますね、ワシは病気よりも景気悪化の方が心配…しかしまあ為す術もなく、ただ毎日を過ごすだけですが…。

Apita 今のところ身近での感染情報などは無いにしろ、マスクはもちろんティッシュなども売り切れています。もともと年明けから2月は暇な蝸牛屋なので例年並みなんですが、この3月はどうなるのか?他店の話を聞きくと会社関係の宴会などは軒並みキャンセルになっていると言うし、例年は年始からの穴埋めが多少できる時期なんですが…どうなることやら。

Matuya とりあえず来ていただくお客さんには満足して帰っていただかなければ!ワシにできることはそれだけか…って考えつつ昼飯に牛丼屋に入ってみると、ほほぅ…ハンバーグってしばらく食べてないなぁって感じで頼んでみた。定食で790円(税込)にしては上出来じゃないの!このデミソースの出来損ないみたいなのがご飯によく合うし。蝸牛屋でも時々ハンバーグが食べたいというお客さんがいますが、急に言われても手間がかかるし、期待に応えられるものができるか?ってこともあるので作りたくない料理の一つです。またしても大手チェーン恐るべし、ハンバーグも蝸牛屋の管轄外って感じですね。他にも輸入牛のステーキとか、普通のチキン料理とか…工場で大量加工できる物とか、低価格で勝負しなければいけない物は敵いませんなぁ。

Matu2033 コロナの影響かどうかはわかりませんが、このところ高級食材が安くなっているように思います。(安いといっても普通の物よりは高いんですが…)食べていただけるチャンスかも?買える物は買ってみよかなぁ…売れやんだらどうしよ~っ。

2020年2月17日 (月)

本日のスープ?

ニュースは中国からのコロナウイルス関係で持ち切りですが、相変わらずな日々を過ごしているワシ、今冬はこのまま雪も降らずに終わっていくのか?なんだかちょっと拍子抜け感もあるねぇ。

Ao この調子だと春への移行も早そうなので、メニューとかも早めに考えておかないとって、毎日いろいろ出向いてみるのですが…例年とあまり代わり映えしません。今日も青海苔の新物を発見!お~っめっちゃいい香り、これの味噌汁は最強やと自分的には思うのですが、こんなものお客さんに出せるわけないし、これに匹敵する調理法も浮かばない。美味しいし値段も安い、きっとお客さんも食べたい、でも蝸牛屋では出すことができない…そんな食材はたくさんあるんだなぁ。いっそ看板を大衆食堂に替えたろか!って思うこともしばしば。カウンター越しにお金儲け上手なお客さんが、資金はクラウド・ファンディングや行政の補助で集める時代や!なんて言っていた。ワシのこの先の働けるだけ、そんな資金でお気軽食堂みたいな店ができるならやってみたいけど、利益の出やん商売には出資する人もおるわけないわな。

Dcf00157 前出の人は、儲かる商売がしたかったら、お客さんの顔を見ない商売をしろ!とも…言わんとすることはわかるけど、ワシにはそんなことはできやんなぁ。鈴鹿の山々も白くなることがなかった、これだけ暖冬でも蝸牛屋の商売は例年並みってことは、寒さがだけが景況を左右する原因ではないことは承認済。

2020年1月28日 (火)

暖冬でも商売は厳寒期。

忙しかった年末から、年が明けると掌を返したように暇になり、ボサ~っともう一月も終盤。

Sagi そろそろ年末の支払いを済ませると、あんなに働いたのにワシの取り分は…?ってことに。昨年末はガスレンジやステーキのグリルやら、コーヒーマシンも新調しているのでマイナスになってしまうんじゃないか?って感じ。よその店の噂を聞くと、こんな暇な時期は休んで旅行とかに行ったりとか…ワシは30年やってもそんな余裕はないぞ!商売のやり方、たぶん何かが間違っているのだと思う。なんだかんだとボヤキながら今年も相変わらずに過ぎていけば御の字なんですが、不安材料は年々増えていくばかり、せめて休みには海へ魚釣りに行きたいなぁ…。さあ、また来月も暇な日々が続きそうや、何か仕掛けるか?冬眠するかのようにジ~ッと耐えるか?冬場の方が美味しい物がいっぱいあるんですけどねぇ。

Counter 定期的にやってきてくれる常連さんたち、カウンター席はそんなお客さん用の特別席。ワシと同世代が多いけど、お婆ちゃんからチビッ子まで、いろんな人たちとワイン飲んで話ができるのも蝸牛屋をやっているおかげ、そんな時間が心の支えです。

2020年1月 3日 (金)

New Year 2020!

あけましておめでとうございます、今年のお正月は良い天気でしたね、皆様はいかがお過ごしでしたでしょうか?

Kawa2 ワシは3日に釣りに行ったろか…と企んでいましたが、忙しなさから解放されて気が緩んだのかも?腰痛に見舞われて断念、もう年や~って実感する年明けでした。蝸牛屋はとりあえず4日(土)より営業を開始しようとしていますが、年末に予想以上に食材がなくなっていまして、コース料理とかは厳しいかも?4日・5日はできるだけのことをするしかありません。市場が本調子になるのは7~8日ぐらいなのは例年のこと、物ありきのワシのメニュー構成には厳しい現状…まあ年明け早々のご予約もないですし、ボチボチやりますのでご了承ください。今年も美味しい料理やワイン、楽しい時間をご提供できるように頑張りますのでよろしくお願い申し上げます。

Keirin なんだか恒例になりつつある元日の公営ギャンブル!ヤラれるのわかってますが、悪い先輩に誘われるんです…釣りに行けやんだので、元日の分を3日に一人で取り返しに行きました!あ~っ腰イタ~って状態ですが遊びも大事ですよね、明日からまた働かなあかんし、取り返せやんだ分は先輩たちに蝸牛屋へ使いに来てもらおか。

2019年11月22日 (金)

お出かけ。

こんな商売をしていると年末ぐらいはガツッと稼がなって気と、上手いこといくやろか?って不安とが入り混じる。楽し気な世間とは裏腹に、ワシは今頃の時期は気が沈みがちで思い悩むのは毎年のこと。

Marudebu 休日くらいは仕事のこと考えずに羽根を伸ばしたいところですが、魚釣りにも行き損ねると何をするかを考えるのもストレス。ふと思いだした!ちょっと前に新聞に載っていた中華ソバ、場所は岐阜って…今からでも行けるんちゃう?電車の時刻表をチェック、15時過ぎには着けるけど店は?やっとるぞ!ってことで今年初の三重県脱出。近鉄~名鉄を乗り継いで片道¥1,210かけて食べる¥500の中華ソバはなんとも格別。せっかくなのでその足でもう一軒載ってた冷やしタヌキ蕎麦ってどう?こんな時はスマホの威力を実感するね。さすがに満腹、若いころはこれぐらい平気で食べられたけどなぁ…歩くのも辛いけど、レトロな昭和感あふれる柳ケ瀬を散策しつつ、岐阜駅あたりまで帰ってきたころはもう夜の街、しゃあないで一杯飲んで帰ろかってことに、飲み屋街もノスタルジックな雰囲気を醸し出している。

Yokotyou ほんの1時間ちょっと電車に乗ればこんな街があったとは… なんだか随分遠くに来たように感じる街、四日市とは規模も雰囲気も違う。調べてみると美川憲一の柳ケ瀬ブルースは1966年発売やって、さぞかし昔は華やいだ街やったように推測できる。久しぶりに楽しい旅気分、ちょっぴり気持ちも晴れました。

«冬が来る前に。