無料ブログはココログ

2017年2月26日 (日)

アルバイト募集中。

いよいよ春めいてきました、すでに田んぼではヒバリが元気にさえずっていますよ。

Ryouta早くも2月は月末や!支払いが集中してえらいこっちゃ、なんだか損な気が…相変わらずワシに"ゆとり"というものには無縁ですねぇ。そして卒業の季節、長らく勤めてくれたバイト娘の一人も、この春から社会に羽ばたいていきますので、新たなスタッフを募集しています。あまり高給は出せませんが、蝸牛屋で週に2~3日、小遣い稼ぎ程度に働いてみませんか?こんな仕事でも人生のなんらかの役に立つと思いますよ。

同級生の息子も春から東京へ行くらしく、賄い目当て?と社会勉強を兼ねて手伝いに来てくれました、こないだまでガキやったのに、アッという間に大きくなるねぇ~。

2017年2月21日 (火)

こんなんどう?

なんとも怪しいインド産の伊勢海老?発見、とりあえず興味本位で買ってみた。

Indo2前から南アフリカやオーストラリア産のものがあるのは知っていたが、調べてみると他にもナミビアやホンデュラス産なんてどこにある国か知らんものもある。いろいろ種があるみたいですが、これは日本の物と同種らしい。法事とかの仕出し料理に入っている食べる気にもならんヤツはこれか?いや、けっこうマトモな味で悪くはない。最近は高値で使わなくなったスキャンピ(手長えび)の代用になるかも?それよりは身がしっかりあるし…。

これならサイズによっては千円台で出せる、日本の活け物なら4千円ほど!そりゃ味は違うが、これならワシも気楽に売れそう、試しに常連さんに出してみるか?

2017年2月17日 (金)

カラアゲ好き?

お店で食べるカラアゲってどうやって作るの?家ではあんな感じにはできやんし。

Karaageそんなことをワシに聞かれても…蝸牛屋では希に賄いに作るくらい、嫌いな食い物ではないけど、外食時にもカラアゲはなぜか敬遠してしまう。どこにでもあるし、どんな味かわかり切っているので、ワクワク感がない食い物だからか?いや、そんなこと言ったら他の物も概ねどんな味かわかっているはず。なぜだろう?そんなことを考えながら今晩の賄いに作ってみた、味はほぼ同じでも、外観の衣に各お店のスタイルが出ているように思う。

ときどき見かけるサクッサクの衣のヤツはどうやって作ってるの?ワシが聞きたい!業務用のブレンド粉とかありそう…今度どこかで食べて勉強しときます。

2017年2月14日 (火)

ノスタルジックが止まらない。

この道はいつか来た道♪そうだよ小中学校へ毎日通った道、なんとも懐かしい。

Roji1ランチをやめて何してるの?ときどき聞かれるけど、店を営業していないだけで、仕込みやら買い物やら、掃除をしてみたり…まあ暇が続くとすることも少ない。今日は出勤前のサニー犬との散歩を延長サービスして昔の通学路を巡ってみた。さすがに主道沿いは変わっているが、小路地へ入ると昔のまま、40年近く前が明確に思い出されるから不思議。往復1時間半(犬が止まる含め)、子供の頃のこの徒歩通学が基礎体力につながっている気がする。

アフター5ならぬビフォア5!昼間にプラプラしていると言われるが、普通は仕事を終えてからすることを、ワシは前にするだけ。いろいろ目論んでいるが、なかなかねぇ。

2017年2月11日 (土)

暇つぶし。

今日もまた雪が舞って寒~い、そして2月は毎年のこと暇な日々が続くのだ。

Macoこんな時期は、布団に入ってボ~っとテレビでも観ていた方が得策なんじゃないか?なんて思いますが、性分上そんなことはでずになにか仕事を探してしまいます。もうすぐバレンタインかぁ~蝸牛屋にはあまり関係ないんですが…売れる当てはないけど、年末に買った材料が余っているのでマカロンでも作ろ。やっぱなぜか私には、イチゴよりもオレンジのほうが春っぽさを感じるんだなぁ…皮の苦みがそんな気にさせるのか?我ながら心に沁みる。

ネットでいろいろ見てみると、有名パティシエが作った?やつは高っいねぇ、入れ物が中身よりしそう。蝸牛屋の貧乏シェフのはオマケみたいなもんやけど…商売ってやりようやねぇ。

2017年2月 9日 (木)

喫茶店は贅沢?

本当に美味しいコーヒーのお店はすぐ近くに…最近そんなラジオCMを耳にする。

Cafeへぇ~って感じで、各コンビニ店頭のコーヒーを飲み比べてみた。今ではマシーンが普及して、挽きたて淹れたては当たり前、普通のサイズなら100円でけっこうな量。こんな嗜好品はそれぞれの好みの問題ですが、私的には7・11がいちばん美味しいと感じた。しかし、私は半分の量でいいから、もっと濃いのが飲みたい!☆バックスとか行けば実現できますが、500円近く払ってコーヒー飲むのは年に数回の一大イベントなんちゅって、バイト娘にも笑われています。

蝸牛屋のコーヒーは食後の付属品的な物ですが、それなりに私の好みで選んでいます。そんなにコダワリはありません、毎日飲むと飽きてくるので、ときどき銘柄を変えてますし。

2017年2月 2日 (木)

イタリアいってみよう。

珍しくイタリアワインがたくさん入荷してきました、もちろん蝸牛屋の売れ筋価格クラス。

Ita3私が知らないだけかもわかりませんが、なぜかイタリア物は意外と値崩れしないんです。同じ値段を出すのならフレンチやなぁって感じで、私も正直イタリアンの魅力はイマイチわかっていません。今回はいつもと違うルートで発見、なぜ安いのか?単なる在庫処分か?まあちょっと怪しい感は否めないのでとりあえず試飲、結局衝動買いしてしまいました。なんかラベルもちょっと小洒落てますねぇ、お気軽にお試しいただけるチャンスです。

しなやかでフレンチのとはちょっと違うフリウリ…のカベルネ、バローロを思わすパワー溢れるランゲのネッビオーロ、そして贅沢に仕立てられた感のあるキアンティの3本です。

2017年1月30日 (月)

深夜の送別会。

いつも食材やワインを運んでくれる、宅急便の人達の深夜の大宴会でした。

Yamato全員が休みの日はないし、仕事が終わって皆が揃うのは21:00過ぎとのこと、自ずとスタートはそれ以降。今までは居酒屋とかしか会場がなかったらしく、蝸牛屋の担当が24:00まで営業するようになったことを知って白羽の矢が立った。とりあえずそんな遅くまでうちのバイトは無理なので、ワシ一人でやるけど…って条件、飲み物とかはセルフ状態で後片付けも手伝ってもらいました。ワシらもそうやけど、業種それぞれ自由になる時間が違いますねぇ。

日頃から力仕事をしている人達は宴会でも元気、飲まない人も多かったけど、食べるのはさすがにガッツリ体育会系!また明日は荷物運ぶんやろ、待っとる人おるで頑張ってや。

2017年1月23日 (月)

熱燗グビッ。

また雪が降って積もりだした、こんな寒い夜には熱燗をチビチビやりながら…

Vinchaud2な~んて日本ならではの慣習みたいですが、フランス人も寒くなるとヴァン・ショー(Vin chaud)と言って、砂糖やシナモンを加えたワインを温めて飲むらしいです。映像で見る限り、パリのサンジェルマン・デ・プレあたりでも、露店で売っているのを飲んでます、なんかお洒落なイメージですが、立ち飲み屋でオッサンが一杯ひっかけてるのと、そう変わらない気がするのですが…調べてみると他の西洋諸国でも、冬はやっぱお酒も温めて飲むみたいです。

残念ながら私はパリなんて行けそうな気配がありませんので、自分で作って飲んでます。砂糖か蜂蜜入れて甘くするほうが美味しいです、ご希望なら作りますよ!

2017年1月20日 (金)

ここは分け前。

定期的にご来店いただく御一行様、いつも料理は高額のご予算でおまかせコース。

Udeだいたいのお好みはわかっているのですが、毎回よく似た内容ではアカンし…普段から美味しい物を召し上がっている方々であろうから、プレッシャーは大!前々から考えて材料を揃えるのですが、それらをどう調理するか?出す順番など今日も直前まで迷ってました。料理人は作った物をその場で食べていただいて、即時に評価が下る訳ですから、こういうの何年やってもドキドキ心臓があおります。

今宵のメインは久しぶりにオマールエビ、コイツは殻を外して盛り付けるのが大変な作業。ハサミの下の腕?の部分はワシの味見用、ここにもけっこう身が入っていてウマい!

«パスチャー・フェッド・ビーフ。